松山市心療内科・精神科・カウンセリング

クリニックロゴ
790-0003 愛媛県松山市三番町4丁目4−9
ナイカイビル二階
三番町メンタルクリニック

089-986-9381

予約制ではありません

松山市心療内科・精神科
カウンセリング

クリニックロゴ
790-0003 愛媛県松山市三番町4丁目4−9
ナイカイビル二階
三番町メンタルクリニック

089-986-9381

予約制ではありません

HOME | 不登校

不登校


不登校とは、からだの病気や経済的事情などがなく、心理的な要因で登校できない状態をいい、登校拒否、学校嫌いなどさまざまな呼びかたがされています。

幼稚園から大学まで児童・青年期のあらゆる年代でありますが、義務教育である小学校と中学校での不登校が重要です。不登校児は年々増えています。

不登校の原因として、本人の性格的な問題、家庭的要因、学校側の要因などが指摘されてきました。傾向として、以前いわれていたような特殊な児童や特殊な家庭的背景に起こるという考えから、だれにでも起こりうる問題というように視点が変わってきました。

最近では同じ児童で不登校と非行との両方がみられることがあります。
不登校の原因はさまざまで一律に対応できるものではありませんが、約半分の子どもたちには、若年性のうつ病がみられるとの調査結果があります。

このような場合には抗うつ薬の服用が有効である場合が多いので、診断がつけば良い方向に向かうことが多いです。ただし、再発することもありますので、しばらくは注意が必要でしょう。

うつ病に限りませんが、不登校の場合、無理やり登校させようとしないことが大切です。とくにうつ病の場合は、治療に休息が欠かせません。治療の一環としても休ませる必要があるのです。病気が回復してくると、自然に学校に行きたくなるので、焦らずに見守ってあげてください。

電話ボタン